ハビエル・カスティリーリ氏の日本・アジアにおける代理人締結

2020年9月より、元FIFA国際審判:アルゼンチン出身のハビエル・カスティリーリ氏の日本・アジアにおける代理人としての活動の為、締結いたしました。(写真右側)

1957 年 5 月 22 日ブエノスアイレス生まれの元FIFA審判員。
1980 年から 1998 年までの 18 年間サッカーの審判員としてのキャリアがあり、アルゼンチンのトップリーグで笛を吹き、ゲームのルールを厳密に課すことに対しては彼の性格でもあり、フィールドのニックネームは「El Sheriff」(保安官)と呼ばれていました。
1996 年 – velez (べレス)5 対 1boca (ボカジュニアーズ)戦では、マラドーナにレッドカードを出したことでも良く知られています。

現在、アルゼンチン・スぺインにてサッカー関わりスペインのアトレティコマドリード監督シメオネやイタリアのインテル副会長サネッティなどとの交流ち、今もサッカー界に影響を与える一人です。

■審判経歴
FIFA公認審判
ATFA公認審判
コパアメリカ審判
1998 年フランスワールドカップ審判

*講演・取材・講習